個人輸入代行を使う理由|アドボケートは通販で購入しよう!個人輸入代行を超有効利用!
瓶から出ている錠剤

個人輸入代行を利用してお薬を購入している方は年々増えています。
個人輸入代行サイトでは人間のお薬やサプリメントだけではなく、犬や猫、ペット用のお薬やケア用品も取り扱っています。
もちろん、人間用と動物用のサイトは別々ですがどちらも多くの業者がいるので、需要と供給が増えているのだと感じます。

そもそも個人輸入代行とはどういったものなのでしょうか?
日本には薬事法(厳密には薬事法という名前から別の名前になっている)があって、お薬に関する広告や流通に関して非常に厳しく審査をしています。
国内で流通しているお薬も厳しい審査を通ったもののみです。
だからこそ安心して飲めるというメリットもあるわけです。

海外での審査はクリアしているものの国内では審査されていない、厳しい審査をクリアできなったお薬が非常にたくさんあります。
そういったお薬は基本的には薬事法により、国内で流通されることは許されません。
しかし、この薬事法には例外ともいえるルールがあります。

それは
「自分で使うものであれば、個人で海外から購入して使っても良い。ただし、自己責任で。」
というものです。

自分で買って、自分で使う分は好きにしていいよ、といった内容ですが海外でお薬を買う、海外のサイトから直接買うなんてことは一般の方にはなかなかできないと思います。
ネットが普及して便利になっていますが言葉も通過も違う国で買い物をするネット通販をするというのは簡単ではないでしょう。

そこで個人輸入代行業者を使うというわけです。
私たちには変わって海外に注文をしてくれます。そして、注文した商品は直接私たちの手元に届くというわけです。
ニュアンス的には注文代行といったところでしょうか。

このサービスのおかげで海外のお薬を購入することが簡単になったのです。